幸せホルモンが減少して引き起こるうつ病は薬で緩和できる

ドクター
このエントリーをはてなブックマークに追加

うつの症状

悩む女性

精神的な病気

うつ病は現代病とも言われていますが、肉体的な病気ではなく精神的な病気でもあります。過度なストレスが引き金となり、うつ症状を発症してしまうのです。うつ病になりやすい人には傾向があります。真面目で責任感があり、人からの評価を気にする人に多いのです。自分の力量以上の力を発揮しようと頑張りすぎてしまい、その結果精神的に追い詰められてうつ症状を発症してしまうパターンが多いでしょう。うつの症状によっては治療法も異なってきますから、うつ病の疑いがあるなら、まずは専門クリニックへ受診しましょう。カウンセリングで改善するケースもありますし、安定剤などの薬物療法を行うケースもあります。薬を用いた治療の場合、効果がある分副作用なども生じる可能性も考えられるので、薬のリスクなどについては先に確認しておきましょう。一度うつ病を発症すると再発しやすい傾向が見られますので、うつと上手に付き合っていくことも大切です。誰しも気分が落ち込んだりうつ状態になることはあると言って良いでしょう。

うつの特徴

うつ病は精神的な病気ですが、精神面だけではなく肉体的にも影響を及ぼすことがあります。今まで楽しいと感じていたことが全く感じられなくなったり、何をしても無気力でうつ状態が続くのならばうつ病の可能性があります。気分が落ち込んで一時的にうつ状態になることは人間なら誰しも経験するでしょう。一時的なうつならば問題ありませんが、そのうつの状態が常に続くようならば注意が必要です。自分の中でうつの自覚があるうちに治療を始めましょう。うつの自覚がなくなると症状が悪化している証拠でもあります。自分の意思を自分でコントロールすることが出来ずに日常生活にも支障をきたしてしまうこともあるのです。うつ病の人の特徴としては人に相談することが出来ず、自分の中に閉じこもってしまう傾向が見られます。信頼できる人に打ち明けることも大切です。家族や友人、そして医師などの力を借りながら状況を打破させましょう。うつ病は治らない病気ではありません。薬などを利用した治療も大切ですが、勇気ときっかけがあれば自分を変えることもできるのです。